知られていないマンションの管理会社の意外な業務

マンションの管理会社、賃貸をした経験のある方は必ず耳にする言葉ですよね。不動産屋さんと契約しても、契約後賃貸マンションで何かあれば管理会社に相談するようになります。分譲マンションには管理会社を設けるという法律があります。管理会社がやる仕事は、設備などの点検や立会い、セキュリティー等の関係、修繕の有無の確認、運営上の会計処理、マンション住民が快適に暮らせるように対応するなど様々な事をやっています。マンションの規模が大きくなればなるほど、その管理も非常に大変になっていきます。管理をしている人間は、本業を持っている事が多いので、専門家などを使用して管理を行います。その方が資産の価値を維持することが出来ます。マンションに常駐している方を見かける事がありますが、その方はマンション管理の会社から派遣されているのが一般的です。

マンション管理会社の仕事はどんな内容か

マンションの管理会社がどんな仕事をやっているのかご紹介します。まず、住民同士のトラブル。多くの人たちが住んでいるマンションですので、管理会社が間に入り、問題をスムーズに解決します。次に、日常的に行っているのが、点検やそれに関する立会い、住人への報告や連絡です。備品を保管するのも管理会社の務めです。住人の連絡先の管理や、合鍵の管理も重要な仕事の一つです。マンションを維持するために住人から払われる修繕積立費。これの管理も厳重に行っています。なので、修繕が必要かどうかの有無もしっかり確認し、必要であれば執り行います。マンションの中をいつも清潔に保つために、清掃も行います。日常的に行うものあれば、数年かけて行う清掃もあります。そして、防災や防犯なども仕事の一つです。防災は、防災訓練などを行うこともあります。防犯は、オートロックなどのシステムを導入するなど、備えることも仕事です。

マンション管理会社って管理するだけが仕事じゃない

マンションを管理するのは会社だけではありません。居住者同士で管理をする管理組合というものがあります。ただ、組合だけでは専門的な管理が難しい場合もあります。なので、管理会社と契約をし、業務を行ってもらうこともあります。管理会社は清掃や事務管理の他にも実はこのような仕事をやります。例えば、理事会に出席することも仕事の一つです。ちなみに、管理するために資格の種類が様々あります。管理業務主任者、マンション管理士、マンション管理員です。管理業務主任者は管理員に指揮をする役割があります。これは、国家試験を受け資格を取らなければなりません。マンション管理士は、法律、専門知識が必要ですので、これも国家資格を取得しなければなりません。マンション管理員は、仕事をするうえで資格は必要ありませんが民間の試験は受ける必要があります。これらの資格等を取り、居住者をサポートするのがマンション管理の仕事です。